住居空間と賃貸空間の配置パターン

  1. ホーム
  2. 配置パターン
賃貸併用住宅イメージ

基本構造パターン

住居と賃貸住宅の配置パターン

賃貸併用住宅の自宅スペースと賃貸物件スペースの基本的な
例をご紹介します。

住居スペースと賃貸住宅スペース

自宅を1階にする

階段の上り下りがなくお年寄りが楽に生活することができます。
また、スペースがあれば庭を確保することができます。

配置図

自宅を上の階にする

部屋が高い位置にあるため眺めが良くなります。
また、最上部に部屋がある場合は屋上が利用できることがあり、洗濯物を干したり、便利に生活が送れます。

配置図

全ての階を自宅にする

全階を利用できるということで、可能な場合は庭や屋上を利用することができ、他人の生活音を気にすることが無く毎日が送れるようになります。

配置図

賃貸併用住宅/東京文京区の株式会社中央構造

〒113-0021 東京都文京区本駒込4-26-4
tel.03-3824-5281

Cyuou-kouzou co.ltd.