耐震診断

| コメント(0) | トラックバック(0)
CIMG2688.jpg

本日、文京区某所で耐震診断を行っております。

昭和56年6月以前の建物については、旧耐震基準の建物になり、耐震診断・設計・施工について行政からの助成金が出ます。

さらに、特定緊急輸送道路の一定の高さ以上の建物については、耐震診断は義務化となっており、助成金の額も多くなっております。

耐震診断は、現場で、レベル確認、コンクリートコア抜き、
劣化調査などを行ったうえで、構造計算による検討など
を行います。

写真は、壁のコンクリートコアを抜いているところです。

抜いたところは、もちろん穴埋めして補修します。
CIMG2689.JPG

















こちらは抜いたコンクリートコアです。

大きさは、350ccのジュースの缶くらいでしょうか。

これから試験に掛けます。

診断結果は、約1ヶ月後・・気になりますね。


緊急輸送道路に面して、まだ耐震診断を行っていない方、あるいは、ご自分の建物の強度が気になる方は、お見積り、行政への届け出関係、診断業務を全てお引き受けしますので、お気軽に御相談下さいね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cyuou.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/43

コメントする

このブログ記事について

このページは、cyuou-mtが2012年5月17日 17:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「わんぱく相撲文京区大会」です。

次のブログ記事は「竣工しました!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

トップページへ

 ■賃貸併用住宅Top

Powered by Movable Type 5.04